ミヤザキのひとりごと

好きなものに関してああだこうだ言う

音楽-アイドル

雑に欅全国ツアーの感想を書く

「恐怖」 それに近い感情をまさかアイドルのライブで感じるとは。 だって血塗れになった少女が狂気の笑顔を見せながら不協和音という攻撃的な曲を踊るんですよ...。コワイよ...。 まずその前に撃たれてますからね。銃で撃たれたのにも関わらず立ち上がって..…

欅坂1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」が良曲揃いの名盤だった話 後編(2)

はい、前回の欅アルバム紹介ブログから二週間経ちました...。 書かなかった理由は特に無いです、なんとなくです。 前回の。 komakomakamn.hatenadiary.com 続きから、 TYPE-B、DISC2の6曲目。 AM1:27 平手さん、もんちゃん、ゆいぽんからなるダンスユニット…

欅坂1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」が良曲揃いの名盤だった話 後編(1)

やっとType-Bです。 DISC2二曲目「君をもう探さない」 出ました四つ打ちエロクトロポップス〜!と思いましたが最後まで聴くと抑揚の効いたドラマ性のある楽曲です。とくにピアノとストリグスが壮大感とかを演出いていていい味出してると思います。90年代に…

欅坂1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」が良曲揃いの名盤だった話 中編(2)

長いこと時間をあけました。 正直面倒臭くなっていますが、少しづつ書きます。 (いいねしたらアイコン描くやつも6人でバックれています) 中編(2)です! 前編と中編はこちら。 komakomakamn.hatenadiary.com komakomakamn.hatenadiary.com アルバムType…

欅共和国についてテンション高めで語る(後編)☆彡

引っ越し作業。押入れの奥底から出てきたのは、アルバム「真っ白なものは汚したくなる」だった。ああ欅坂だ。懐かしいな。10年くらい前にハマってたな。久しぶりに聴くか。私は、今はもう見なくなったCDを昔から使っているオーディオコンプに刺した。そし…

欅共和国についてテンション高めで語る(前編)☆彡

アンコールのWーKEYAKIZAKAの唄。客席照明が落ち、欅共和国はまるで生命が宿ったような緑色の淡い光に包まれた。それはただのサイリウムの光だろうか。それはただの演出が織り成した産物だろうか。何にしろ、見た者の感情を高ぶらせる奇跡の瞬間だったに違い…

欅坂1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」が良曲揃いの名盤だった話 中編

二回に分けるはずだったアルバム感想ブログもイレギュラーの中編へ突入。本当は過去曲のことも書こうと思っていたのだけれど、中編(2)みたいなことになりかねないので新曲のことだけ書きたいと思います。(ここで朝井リョウの小説、何者の名言「頭の中に…

欅坂1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」が良曲揃いの名盤だった話 前編

アルバム3枚(通常盤、Type-A、Type-B)全楽曲聴いてTwtterの140文字ではとてもじゃないけど足りないことが判明してブログを開設しました。 アイドル楽曲は「パフォーマンスや映像含めてのものだ」という固定概念、偏見がありました。そういう考えに至るに…