ミヤザキのひとりごと

好きなものに関してああだこうだ言う

欅共和国についてテンション高めで語る(後編)☆彡

 

 

引っ越し作業。押入れの奥底から出てきたのは、アルバム「真っ白なものは汚したくなる」だった。ああ欅坂だ。懐かしいな。10年くらい前にハマってたな。久しぶりに聴くか。私は、今はもう見なくなったCDを昔から使っているオーディオコンプに刺した。そして一曲目が流れ始めた。Overture。それを聴いた瞬間、あの時の記憶をまるで雷に撃たれたかのように思い出し始めた。一面がサイリウムでたくさんの表情を魅せる客席、力強い目や笑顔を見せてくれるメンバー、作り込まれた世界観。欅共和国の旗、どっしりとした空気。もちろんそれだけではない。有明ワンマン、アニバーサリーライブ、そして全国ツアー、さらにあのライブも...。

目を閉じてただ曲を聴いているだけなのにこの高揚感は何だろうか。いつもそうだ。音楽のスパイスは記憶。記憶がいつも彩ってくれる。

あの瞬間に居れたことを誇りに思う       

 

 

はい。

こじらせ中のミヤザキです♪

 

さて〜〜〜〜〜!!!(ずみこ)

二日目のことを書いていきます!

一日目のことについてはこちらに書いてあるので先に読んで下さい。

 

komakomakamn.hatenadiary.com


 

 

二日目、ライブ後にテンション上がってしまい、ホテルで一睡も出来ずに富士急へ。もちろん疲れていたけど、昨日と違いそれよりも楽しみの方が大きかったです。

 

昨日のことを思い出しながらオープニグアクト。やっぱりかっこいい、最高。エモい。

そしてOvertureからサイマジョへ!!

前編で書けなかった曲を中心に書いていきます。!

 

三曲目、二人セゾン。一日目に思ったけど、二人セゾンは表題でパフォーマンスも曲も好きだけど野外?夏場?は合ってない印象。キミガイナイは曲の世界観を大事にして野外ではあまりやらないようにしてるけど二人セゾンもそれでいい気がした。でもやっぱ盛り上がるし大好きだからやって...という気持ちもある。神曲しかないからこその贅沢なそれ。

 

MCも一日目変わらなかったけどあかねんがテンション高かった。

 

四曲目、青空が違う

大玉転がります。めちゃくちゃに盛り上がるし、ねんぴっぴがなんかすごく良くて(語彙力)。

流れで五曲目、僕たちの戦争

MCで一息ついたボルテージを徐々にあげてく感じ。漢字メンバー全員登場して放水したり水風船投げたり。野外って感じするし、夏を感じて最高。一日目は全然かからない席だったけど今回はすずもんの放水直撃してる人の近くにいて少し濡れました。楽しい...。

 

そして六曲目、PARCO!!バイクに乗って平手さん登場!!!湧き上がる歓声とバイクの音がファンをさらに盛り上げます。

正直パルコはギターかっこいいなくらいで曲はあまり聴かないのですが、ライブだと派手な演出が活かせる分、最高にかっこよくて楽しい曲という印象に変わってます。平手さんがひたすらかっこいい...。

 

MCできょんこが「自然の中だとどこに虫がいるか分からない、皆さん、草むらの歩き方分かりますか〜?みんなお化け屋敷の中を進めない、私はその草むらバージョン、進めないの~」とかよくわかんない事言ってて、は??となりつつも爆笑。

 

オトシンからのエキセントリックがほんと最高。ひたすらかっこいい。これに関してはほんと見て欲しい。またこの二曲繋いで欲しい。流れが綺麗過ぎる。

 

また会ってくださいで可愛い歌声と曲で涼み、制服と太陽で涙し、微笑みが悲しいで、テチネル〜ってなり、割れたスマホで友人きゃっきゃし始めて、ダンストラックとカタミラでぶち上がる。

流れがすごく良いですね〜〜!!

 

誰跳べはソロダンスあるのが良いし最高に盛り上がるし誰よりも高く飛んだ気がします。(?)これまでにない会場の盛り上がりでひらがなちゃんが去り、手を繋いで歩こうか!!これも何回も聴いてるし観てるパフォーマンスなんだけどやっぱり盛り上がる。楽しくてずっと笑顔でした...。

 

 

てつなで一度はけたメンバーはオープニングアクトの格好で再登場。平手さんが旗を高く掲げると花火が。大きな歓声と花火の音。これも野外ならではの演出。平手さんの二次元さもあって、エモ過ぎました。

 

アンコール、誰愛からの不協和音。

 

この不協和音が凄過ぎました...。

アニバーサリーライブ行った人はわかると思うけど、そのライブの不協和音の衝撃がすごくて今でも脳にこびりついてて、平手さんの僕はいやだもそうだけど、ねるちゃんのそれが心の叫びみたいで、かっこいい曲なのに泣けちゃって。一生越さないかもな、みたいなものがあったのですが、欅共和国、個人的には二日目の不協和音。越す勢いで凄かったです。

不協和音みたいなナマモノパフォーマンスはいつ観ても違くて、踊りも曲も一緒なのに感じ方が違います。今回のライブでは野外の演出の派手さも助けてくれて、僕は嫌だ!で爆発するんですけど、爆発するんです。ステージ前の装置から、バゴオーーーン!ってなります。サワベさんのそれでは無いです。その衝撃はすごいです。

平手さんの僕は嫌だ!が絶叫に近くて痺れました。ねるちゃんのも音源の聴けないかも...ってくらいの凄さで。誰愛に続いてこの不協和音。ボルテージはこの二日間でも最高潮な気がしました。!

 

ゆっかーがメンバーに「今日本番を迎えて、やっぱり欅坂が大好きだなって思ったよね?」でメンバーが頷き、「これからも絆を深めていきましょうー!」という感動的なMCがあり、WーKEYAKIZAKAの唄へ。

 

曲が終わりファンへの挨拶で、初日は花道も使って挨拶してたのに今回はすぐに終わったので、あれ?なんかある?みたいな雰囲気。

ファンも冷めぬ盛り上がりの中アンコールを続けてメンバー再登場!!!

ダブルアンコール。

 

危なっかしい計画!!!!

 

まさかのサプライズに大盛り上がり。というか、ダブルアンコール来た時、平手さんがめっちゃ真剣な顔してフォーメーションついて、??月スカか...?え??みたいな空気感の中、急に笑顔で危なっかしい計画始まって、うわ!!や!!!やられたーーーーーーー!!!!!れ!歴史に残ったーーーー!!!ってなった。

ダンスに関しては盛り上がり過ぎて楽し過ぎて断片的にしか覚えてない...。演劇っぽい感じで最近のTAKHITRO先生エキセントリックだな...って思いつつ最高という感想。サビはタオルぶんぶん振り回すようなこれからライブで鉄板になるだろうなあという印象。なんか誰かが寝っころがってメンバーがそれを飛び越えてた。二番からはラインダンス?みたいなものあって、もう青春をダンスに入れた!って感じ。

 

この最高潮の盛り上がりの中、最後は平手さんが人差し指を口に当ててシーッみたいなことをして、マイクなしで「本日は本当にありがとうございました!!!!」からの笑顔。

 

めっちゃ楽しい中、泣いてしまった..。絶対一生記憶に残る二日間だったと思う。そして野外なのもあり箱の大きさも丁度良くて、なんとなく欅のライブの指針がこういう方向だったらいいなと思いました。と同時にアリーナとかならもっと世界観作り込んでも良いと思う。とにかく楽しくて騒いで死にそうになりました。気の合わない友人(?)とも少しは仲良くなりました。

最後に推しの話する。小林由依さん、どの曲でもパフォーマンス光ってた気がする。いつもライブは推しが居ても平手さん中心に観てて、フォーメーションとか全体を観たいタイプなんだけど、それでも小林さんの主張があって、ゆいぽん...好き...ってなりました。

 

欅坂はファンの望んでいるモノをクリエイターが本気出して企画し創り上げて、メンバーが世界観や歌詞を大切にしながらそれをパフォーマンス、表現してくれるのでアイドルとして好きっていうのもあるけど、コンテンツとして凄く楽しいです。

「欅の今」が観れるのは本当にすごいことだ...。

 

 

とにかく全国ツアー楽しみです。長々と拙い文章失礼しました!!記憶の間違いなどあるかもです!!!